健康食品入門。私が研究した結果を共有

なんと乳酸菌によって腸内環境を改善すれば、胃がんや大腸がんの予防にまでなります。

・胃がんと大腸がんについて

 

この二つの病気の一番深刻である点は、何と言っても死に至る可能性が極めて高いという所です。胃がんや大腸がんで命を落としてしまう人が毎年たくさんいます

 

結核なども昔は死に至る病気でしたが、治療薬が開発されたことによって、結核にて亡くなる方はほとんどいなくなりました。けれども胃がんや大腸がんは未だにそうはいきません。最近でも俳優の今井雅之さんが大腸がんで亡くなってしまったことが大きな話題となりました。

 

しかもまだ50代という若さでした。50代というまだまだ若い年代の人の命も容赦なく奪ってしまうということで、どれだけ深刻な病気であるかということがよくわかると思います。

 

・なぜ乳酸菌によって腸内環境を改善することが、胃がんや大腸がんの予防になるのか

 

まず乳酸菌が豊富に含まれていることで有名な乳酸菌にはたくさんのラクトフェリンという成分も含まれています。このラクトフェリンには、がんを予防する成分が含まれているのです。最近ではラクトフェリンが配合されていることを売りにしたヨーグルトもスーパーマーケットにはたくさん並べられているため、ラクトフェリンには馴染みがある人も多いはずです。

 

また悪玉菌が胃がんや大腸がんの原因となることが多いです。特にウェルシュ菌と呼ばれる腐敗してしまった菌は、胃がんや大腸がんを促進してしまうと言われています。そんな悪玉菌で溢れてしまっている腸内環境を改善してくれる成分こそが乳酸菌なのです。明治が製造しているR1ヨーグルトは、がん予防効果があるということで大きな話題を集め、爆発的なヒット商品になりました。

 

・まとめ

 

胃がんや大腸がんにかかってしまって若いうちに命を落としてしまうことは絶対に嫌であるため、これからは乳酸菌をもっとたくさん摂取するようにみんなが心がけるべきです。。しかも乳酸菌は胃がんや大腸がんを予防するだけではなく、美容やアレルギーにも絶大な効果を発揮してくれます。一石二鳥という言葉だけでは不十分なぐらいに、たくさんの効果を発揮してくれるのです。

 

乳酸菌がなぜこれだけ多くの注目を浴び続けているのかが、よくわかるかと思います。。

 

こんなに素晴らしい成分は、他にはほとんど存在しないのです。もっと多くの人がこの乳酸菌の胃がんや大腸がんを予防する効果を認識し、乳酸菌をたくさん摂取し続けられるような食生活を心がければ、もっと健康で有意義な人生を送ることができるようになるため、乳酸菌のことをもっと広めていくことができれば、最高なのです。

 

 

提携サイト様
野菜不足なあなたのための青汁入門

2015/10/09 17:32:09 |

人々は、たまにケガをしています。転んでしまって、ケガをしてしまう方も案外多く見られるのですね。
ところでそのケガは、お腹の中の環境と大きな関係があります。環境次第で、そのケガの治り具合も大きく変わってくる傾向があるのです。

 

ラクティスのおかげで転んだ時の回復が早くなった

 

それを証明するかのような事例があります。ちなみに5年ぐらい前の話ですね。
というのも5年前にある方が、あるサイトにてラクティスと呼ばれる商品を購入しているのです。乳酸菌の生成物が配合された製品なのですが、それで回復力が大きく変わってきたようなのですね。
その方がラクティスを購入した理由の1つは、お通じでした。すなわちお腹の調子を整える為にそれを購入した訳ですが、お通じ改善は見られなかったようですね。
乳酸菌の製品は、体質の問題はあります。大きな効果が発揮される方々と、そうでない方々が見られるのですね。上記の方は、いわゆる後者に該当していた事になります。
ところである日、上記の方は少々転んでしまったようです。その際に、足に傷を負ってしまったようなのですね。

 

ビフィズス菌
ですがその傷が、とてもスピーディーに治ってきたのだそうです。少なくとも以前に比べれば、その傷の回復力は早まっているようなのですね。
その方は、以前にも何回か転んでしまった事があります。それで傷が膿んでしまう事も多かったようなのですね。なかなかそれが治らないので、困っている事も非常に多い状況でした。
ところがラクティスを服用するようになってから、傷の治り具合が早くなってきたのです。特に、膿が発生しなくなったのですね。いつもならば膿が生じてしまって大変なのですが、カサブタができる程度で収まったのだそうです。
つまり、それがラクティスという商品の魅力の1つと言えるでしょう。普段よりも傷の治りが早くなる訳ですね。
ちなみにラクティスによって治りが早くなった原因は、恐らく免疫力の強化でしょう。ラクティスの中には、乳酸菌によって作られた物質が多く入っていますが、その1つが免疫力を高める効果が見込めるのですね。
またラクティスを服用した方は、インフルエンザなどにも強くなっている事があります。今までは季節の変わり目に弱かった方が、ラクティスを摂取したおかげで、風邪をひきづらくなったとの事例も見られるのです。
すなわち免疫力や自己修復力などを高めてくれるのが、ラクティスの魅力の1つと言えるでしょう。回復力を高めたいと考えているのであれば、その商品はおすすめですね。

2015/09/18 23:47:18 |

ダイエットに興味がありましたが、それと共に不安もありました。私は学生の時に男子生徒に「デブ」とからかわれるのが嫌で、ダイエットをしたことがあります。「食べない」と言うダイエットをしていて、すごく貧相な痩せ方をしたのです。げっそりと顔が痩せて、私は痩せて嬉しかったのですが、周りから酷いことを言われました。「痩せ方が薬中みたい」と言う酷い暴言を吐かれたのです。本当に傷つきました。

 

こういうことがあったので、私はダイエットが少し怖かったです。頑張って痩せても酷い暴言を吐かれるくらいなら痩せたくないと思いました。だからダイエット方法ではすごく迷いました。そして私がダイエット方法として選んだのが「青汁ダイエット」。これなら健康的に痩せられそうだと思って選びました。前のときはげっそりとした不健康な痩せ方だったからあんな酷いことを言われたのです。だったら健康に問題なく痩せるだろう青汁ダイエットなら平気と思いました。
こうして始めた青汁ダイエット。ダイエット効果は以前にしたことのあるダイエットよりは少なかったです。前は1か月で4キロ痩せました。しかし今回は1か月で1キロ痩せたらいいくらいです。この調子で痩せていったので、想像通り健康的にダイエットが行えました。前のダイエットは急激に痩せたからいけなかったのです。無理をしないダイエットである青汁ダイエットにしたら、げっそりしたりはしませんでした。周りからも変な目で見られることなく穏やかに痩せて行けたのです。ホッとしました。

 

青汁ダイエットはプチダイエットです。見た目で驚かれるように急にや痩せたりはしません。でもその方が顔色も良く痩せることができます。プチダイエットにして良かったなと思いました。青汁ダイエットは食べ物を我慢したりはせずに青汁をご飯を食べる前に飲むだけでOKです。食事の前に青汁を飲むことで少しでも満腹感を感じて食事量を減らします。ただ減らすだけで食べないというようなダイエットではないので、健康には全く害がないのです。おまけになだらかに痩せるのでリバウンドの危険も少なくて済みます。なかなか良いダイエット方法なのです。

 

青汁のおかげで、私は二度目のダイエットに成功しました。前の時は痩せはしたけど大失敗で、結局リバウンドで元の体重に戻りました。でも今回は3キロ痩せて体重は元に戻っていません。このままをキープできるように頑張ります。青汁ダイエットでプチダイエットは大成功の結果になりました。

 

>>おいしい青汁

2015/09/18 22:42:18 |

最近気になっていた青汁生活を始めてみました。青汁といっても、誰もが想像するようなかなり苦いものではないです。粉末タイプの青汁で、水などに溶いて飲むものなんですが、これが驚くほどまずくないのです。それどころか、たまにジュースなんかに混ぜて飲むととてもおいしいんですよね。ジュースに混ぜて効果あるの…?と思う人もいると思いますが、実は全然OKなんです。私が飲んでいる青汁は、基本的に何に混ぜても大丈夫とのことで、最初は私も半信半疑だったのですが、ヨーグルトやコーヒー牛乳や、オレンジジュースなど、いろいろ混ぜてみてびっくり、本当にどれに混ぜてもおいしく飲むことができました。

 

しかも青汁は個人的に便秘改善の効果があったなあと実感しています。私は本当に便通が悪く、いつも便秘に悩まされていました。でも、青汁を飲み始めて、栄養不足が改善されたのか、お通じが本当によくなり便秘に悩まされることもほとんどなくなりました。気軽に始められる栄養補給として、青汁はぜひいろいろな人にお勧めしたいものです。

 

それで、最近はそんな青汁のアレンジレシピではないですが、友人のママが作ってくれる青汁バナナオレに実はかなりはまっていたりします。名前だけ聞くと、「青汁バナナオレ」なんてまずそうなことこの上ないですよね。私も自分で文字を眺めていて思いました…。話を戻すと、私が幼い頃から仲良くしている友人のママさんがとても料理が上手で、私と同じ青汁を飲んでいる友人一家は、いつもこのママさんが作ってくれる青汁バナナオレを飲んでいるのです。私も友人宅に遊びに行くたびに作ってもらうのですが、これが本当に美味しいんです。粉末の青汁を混ぜて、ミキサーでオリジナルのバナナオレを作ってくれるのですが、私は分量などのレシピを教えてもらってもどうしても同じように作れないんですよね。友人と一緒にこの青汁バナナオレを飲みながら、そのママさんに「青汁を使ったアレンジ料理を出すカフェをやればいいのに」なんて冗談交じりで話していたりします。まあ冗談なんですけど、最近は健康志向のカフェが人気だったりしますし、そのママさんではなくても、そういったお店を出す人が出てきたら人気が出るかもしれませんよね。

 

まず私は、自宅でもおいしい青汁バナナオレが作れるように、ママさんから教えてもらったレシピで練習しまくろうかなと思います。私が購入した青汁の公式サイトにもいろいろ美味しそうなアレンジレシピが載っていて、そちらも後でぜひチャレンジしてみたいですね。

2015/08/08 02:00:08 |

乳酸菌といえば、便秘に効くですよね。我が家の娘もうすぐ2才も、便秘に悩み、乳酸菌のお薬も処方されました。

 

ミヤBM細粒

小さな赤ちゃんでも飲めるお薬です。乳酸菌の仲間で、善玉の菌を補ってくれて、悪玉の細菌をやっつけてくれます。下痢の時にも処方されます。
これを毎日飲む事で、腸内環境を整えて、お腹の具合を良くしてくれます

 

お薬に頼りっぱなしではいけないので、赤ちゃんでも取れる乳酸菌飲料を飲ませる事にしました。

 

ヤクルトは生の乳酸菌で、カルピスは殺菌された乳酸菌です。
どちらもおいしくて、飲みやすいので、毎日少しづつ摂取する事で、腸内環境を良くするように頑張りました。

 

ヨーグルトも毎朝食べるように習慣にしました。果物が入っているヨーグルトですと、子どもでも甘くて食べやすいので、喜んで食べてくれます。
うんちが出ない日が続いてしまったら、ヨーグルトにミヤBM細粒を混ぜて食べさせてます

 

 

 

 

 

乳酸菌は、整腸作用があり、腸でぜんどう運動を活発にしてくれます。
飲み物や食べ物だけでは不充分なので、子どもは運動して体を動かすのも大切だそうですよ。

 

 

 

大腸の病気にもいい

ビフィズス菌は有害な悪玉菌の増加をおさえてくれるので、大腸のポリープやガンの発生を予防してくれるそうです。

 

アレルギー症状緩和

腸には免疫の細胞がたくさんあります。腸内の環境を良くする事で、細胞を活発にさせて、花粉症やアトピーの予防につなげてくれます。
私も毎日ヨーグルトを食べていますが、ヨーグルトにはたくさんの種類があります。それぞれたくさんの菌の名前がついていますが、代表的なのが、R1ヨーグルトですね。インフルエンザ予防になる、というので、とても有名になりました。

 

私は花粉症で、春と秋に必ずなります。毎日ヨーグルトは食べていますが、効果はあるのかなぁ?という感じですが。

 

 

乳酸菌は発酵食品にも含まれる

 

キムチ、味噌などにも含まれています。乳製品が苦手な人はサプリメントや発酵食品がいいかもしれませんね。

 

毎日少しづつ乳酸菌を食べる事で、腸内環境を良くして、健康的な生活を送るようにしたいですね。